漫画は偉大なり

 最初にハマッた漫画は「キン肉マン」だった。便器マンなどユニークなキャラクターたちが面白くたちまち友達の間で話題になった。ウォーズマンが登場したときは衝撃的で、その強さに憧れもした。必殺技「パロスペシャル」を友達とかけあった40代、50代の方も多いのではないか。自分史上の傑作の一つは、「北斗の拳」。「お前はもう死んでいる」のセリフを知らない子どもは当時いなかったといっても過言ではない。ラオウや金色のファルコを思い出すだけで今でもテンションが上がる。「ドラゴンボール」しかり、多くの男の子は強さに憧れるのだろう。

 タイで漫画やアニメキャラクターの死を悼む「個展」が開催されているというニュースに目が留まり、子どもの頃に夢中になった漫画やアニメを思い出した。主催者の女性が描いたキャラクターのリアルな肖像画が50枚飾られている。タイでは日本の漫画やアニメが人気で、「進撃の巨人」のキャラもある。タイに限らず日本の漫画は世界を席巻している。日本が誇る文化であり、産業でもある。そんな多くの作品に身近に触れられるのは日本人の特権でもある。

 子どもの頃に夢中になったといったが、40代後半になった今でも漫画やアニメは大好き。「鬼滅の刃」の物語に引き込まれたし、特に「進撃の巨人」には大ハマりで、秋のファイナルシーズンのテレビ放映が待ち遠しい。スマホにも漫画アプリを数種類入れていて、毎日の楽しみの一つとなっている。

 7月17日は漫画の日。ちなみに2月9日にも漫画の日があり、11月3日は「まんがの日」と3つある。皆さんも漫画といわれて思い出す作品があることだろう。思い返すだけで、少し幸せな気分になりませんか。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る