コロナの意味は「光の冠」

 2度目の東京五輪開催と合わせるように先月文庫化された、あるオリンピックに関する一冊のノンフィクションがある。著者は「深夜特急」などで知られる沢木耕太郎。その書名は「オリンピア1996 冠(コロナ)〈廃墟の光〉」◆単行本の発行は2004年で、タイトルの「コロナ」はもちろんウイルスとは関係がない。本来コロナの意味は「光冠」で、太陽の周りで白く燃える光の環のこと。語源は王冠である。本書でこの言葉は、アテネの古代オリンピックで勝者に贈られた月桂冠になぞらえ、現世のものではない栄光の象徴として使われる。その本が奇しくも、コロナ禍の中での東京五輪が注目されるこの時期、新たに文庫本として出版された◆内容はアトランタ五輪の観戦記だが、著者のこの大会に向ける目は極めて冷ややかである。近代五輪は平和の祭典でなく「テレビのための祭典」となり、商業主義に堕してしまった、その分岐点がアトランタだと見ているからだ。しかし裏を返せば、その冷たい怒りの奥には、アスリートの躍動とひたむきなまなざしによって見る者の胸にすがすがしさを呼び起こす、スポーツの持つそんな純粋なパワーへの渇望があるのではないか◆周辺にどのような思惑が渦巻いていようとも、国境を超えて高みで競い合う最高のスポーツイベントは粛々と準備されつつある。状況は刻一刻と変わり、どういうことが起こるかまったく見えない。2カ月前に本欄で「どうか五輪が無事に開催されますようにと祈る思い」だと書いたが、その思いはより粛然としたものになっている◆地上の価値観とは次元の違う栄冠のため汗を流すアスリート達、そのエネルギーが世界を少しでもいい方向へ突き動かすことを、祈らずにいられない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る