見た目も美しいでしょ?

 イラストレーターやシーグラスを使ったハンドメイドアクセサリー制作など、アーティストが活動する美浜町三尾で、祭りや能、神楽などで使われる「篠笛(横笛)」に、花や着物美人などを彫って色付けした工芸品としても見ごたえのある作品が作られている。

 美しく装飾された笛を制作しているのは、三尾で生まれ育った長尾肇さん(67)。約40年前、子どもたちに祭りで吹く笛を教えたのがきっかけで、当時高価だった篠笛作りを始めた。

 「最初は見よう見まねで作ったので、いま思えば音が出るだけだった」が、もともとものづくりが好きで手先が器用だったこともあり、「もっといいものを作りたい」と建築関係の仕事の傍ら試行錯誤を重ね、音だけでなく見た目の美しさも追求するようになった。

 長尾さんの笛作りは、材料の確保から始まる。ほどよい太さの竹を河原から切り出し、油抜きをして1カ月間室内干しのあと、約5年間陰干し。乾燥した竹に息を吹き込む「歌口」や指で押さえる「指穴」を開け、細い竹の歌口と指穴の間に下絵を描き、彫り、色付けする。塗り重ねた漆に金箔の研ぎ出しなど伝統工芸の手法を用いた作品もある。

 工房に並ぶこだわり抜いた作品は、楊貴妃や弁財天、日本人形などの美しい顔立ちと、着物の模様や髪飾りまで繊細で華やかな細工が目を引く。今後は、竹を8つに割り、硬い表皮を内側にして組み直し、漆で塗り固め、山桜の皮を巻いて作る「八割返し」という工法や螺鈿(らでん)細工にも取り組む。

 長尾さんは作品の販売や展示などを行っていないが、「他にはないものだから」と周囲にも勧められ、「最近は、納得できるものが作れるようになってきたので皆さんに見てもらい、小さなことですが三尾から発信し、地域の活性に役立てられれば」と話している。

写真=自宅の工房で完成した笛を手に長尾さん

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る