空とぶからあげで地域を元気に

写真=空とぶからあげで起業した濵出さん

 由良町里の濵出敏宏さん(37)は、日高郡6町の創業支援事業計画に基づく特定創業支援事業の認定を受け、キッチンカーによる移動販売を開始した。人気芸人TKO木下さんの母親が考案したから揚げ「空とぶからあげ」を販売する大阪のハジメフーズとパートナー契約を結び、起業につなげた。

 同事業は2015年度から実施し、経営、財務、人材育成、販路開拓の講習を受けると町から認定され、融資などで優遇されるという制度。町内の認定者は今回で11人目となった。 

 濵出さんは介護士として地元の老人福祉施設で勤務していたが、「以前からから揚げが好きで、飲食店の経営にも興味があった」と、転職することを決意。販売するから揚げなどの材料はハジメフーズから受け取り、地元を中心に県内各地で移動販売を行う。

 メニューはニンニク風味とジンジャー風味のから揚げ(4個で500円)、ほんのりユズ風味の手羽もと(2本350円)、黄金揚げ(5本350円)で、オレンジを基調としたキッチンカーはハジメフーズからレンタルした。

 6日には江ノ駒の西酒店近くの空き地でプレオープンし、約1時間半で25人が訪れて完売した。今後は販売場所を広げていく方針で、出店情報はインスタグラムで掲載。検索ワードは「sorakara_totsu」。

 濵出さんは「おいしいから揚げを食べてもらってみんなを笑顔にしていきたい。将来的には店舗で販売できるように頑張ります」と話している。

 空とぶからあげは、TKO木下さんのお母さんが東京で芸能活動に頑張る三男の隆行さんに食べさせてあげたいという思いで考案したから揚げで、空を飛んで日本中のみんなに食べてもらいたいということからネーミングされた。日本唐揚協会の大3回からあげグランプリの塩だれ部門で金賞を獲得。大阪、神奈川、福岡などで販売されているが、県内でパートナー契約できるのは濵出さん1人だけとなる。

 問い合わせは濵出さん℡090—8939—0046。「事前予約いただけると、スムーズにお渡しできます」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る