由良町神谷で大規模崩土

写真=道路を寸断した崩土の現場

 6日午前9時すぎ、由良町神谷の県道御坊由良線で大規模な崩土が発生し、全面通行止めとなった。今のところ、復旧のめどは立っていない。

 現場は由良町漁協の事務所から東へ約200㍍。日高振興局によると、高さ20~30㍍県道沿いの斜面が崩れ落ち、県道を約20㍍区間にわたって寸断した。落石防護網が設置されていたが、土砂が金網を突き破り、道路(幅員約3・5㍍)を越えて道の下の浜まで落石があった。

 崩れた土砂の量は約100立方㍍。今後はドローンなどを使って現場調査を行ったあと、復旧工事にとりかかる。仮設道の設置も検討しているという。原因は調査中。迂回路は大引から吹井につながる町道。

 近くの民宿「かみや荘」の山野京子さんは(72)は「『大量の土砂が崩れるような『ザー』という大きな音がした。山を見ると土煙が上がり、電線が揺れていた。とてもびっくりしました」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る