猛暑の前にエアコンチェック

 先日、清掃業者が家庭用エアコンを清掃する様子を取材した。テレビCMなどでも見たことはあったが、エアコンの前面パネルを外すなどして分解し、ビニールシートで覆って、高圧洗浄機で熱交換器部分を一気に洗浄していく。エアコン内部はカビやほこりなどでかなり汚れていたが、きれいに取り除かれていた。洗浄することで空気がきれいになるほか、エアコン効率もよくなり、省エネにもつながる。汚れがつかないように、普段のフィルター掃除も大事だ。

 世界各地で天気情報を提供している総合気象情報会社「ウェザーニュース」によると、今年の夏(7~9月)の近畿地方の気温は平年よりやや高くなる傾向で、全国的にも暑い夏になるという。日本の上空で高気圧の勢力が強まる7月下旬と8月下旬の2回、暑さのピークがあり、最高気温が35度以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象が起こりやすい場所では40度前後の酷暑になることも。さらに残暑も秋の彼岸のころまで続くという。

 今年の夏は例年以上に暑さ対策をする必要がありそうだが、一方でエアコンの故障などには注意が必要だ。昨年の東京23区のデータでは、熱中症で亡くなった人の1割がエアコンの故障が原因によるものだった。特にコロナ禍の今は、冬も在宅ワークやおうち時間で例年以上にエアコンを使用していることも多く、より気を付けなければならない。

 修理業者は7、8月はピークですぐに対応されないというので、故障している場合は早めの依頼が大切。最近は暑くなってきているのですでに稼働させているという人もいると思うが、本格的な暑さが来る前に試運転でチェックしておこう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る