御坊クリーンセンター 整備計画を改定

 御坊広域行政事務組合(管理者=三浦源吾御坊市長)は、次期御坊クリーンセンター(熊野)の整備方針をまとめた汚泥再生処理センター施設整備基本計画について、新施設完成後、速やかな現施設撤去や土地の造成方法の見直しを盛り込んだ改定を行った。これによって概算事業費は、約20億円増加の73億5000万円。再検討したうえで29日の組合議会定例会へ、債務負担行為の設定を提案する。

 御坊クリーンセンターは第1施設が1988年、第2施設が94年に竣工し、汚泥再生処理センターへ04、05年度にリニューアル工事を実施。施設、設備とも一般的な耐用年数を超えており、経済性から施設の延命化と比べて更新に優位性がみられることから建て替えを決めている。計画では現施設の東側隣接地約8000平方㍍に新施設を建設。26年4月の稼働を目指している。

 3月に改定版を作成し、今月10日の組合市町長会議で説明。現施設の解体については当初、事業費が大きいことから、新施設稼働後に時期をみて行う予定にしていたが、地元の要望を踏まえて計画に含めた。概算事業費については計画、見積内容、全国的な入札結果等を参考に再検討していく。

 同組合は今年度から30年度まで10年間の第6次御坊周辺広域市町村圏計画も策定。基本構想や共同処理事業計画を定めており、汚泥再生処理センター施設整備基本計画の改訂版と同じく組合市町長会議で説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る