子ども向けプログラミング教室 19日に御坊駅前で開校

写真=「ゲーム感覚で楽しく知識が身につきます」と玉井さん㊨

 JR御坊駅前の丸仁第1ビルに19日、小中・高校生を対象とするプログラミングスクール「KID’sプログラミングラボ御坊教室」が開校する。株式会社Blue Planet(本社・東京)が全国展開する教室で、プログラミング言語の基本から3Dゲーム等を制作する上級コースまで5つのステップで段階的に学べるのが特長。ゲーム感覚で楽しく学びながら、共創力や創造力、論理的思考力を培う。

 教室はプライマリー(1年間)、ベーシック(2年間)、プレミドル(2年間)、ミドル(2年間)、アドバンス(3年間)の5つのステップで段階的に学ぶシステム。最も初級のプライマリーは主に小学校低学年を対象に、ブロックを組み立てるように直感的にプログラミングができるビジュアル言語「スクラッチ」の使い方を学び、主に中学生が対象のミドルコースではWEB系の言語を使ってゲームを制作しながらプログラミング言語に習熟。最終段階のアドバンスコース(主に中学生以上)ではゲームエンジン「ユニティ」、プログラミング言語「シーシャープ」などを使って高度な3Dゲーム作りを学び、ゲームで「遊ぶ人」からゲームを「作る人」を目指す。

 最長10年間のカリキュラムは能力に応じて飛び級も可能。子どもたちが自分でゲームを作り、改造したりしながら、「ちょっと難しくて楽しいからこそ、自発的な学習につながるコンテンツ」になっているという。

 2020年度から小学校のプログラミング教育が必修化され、24年度からは大学入学共通テストでプログラミング等の知識が試される「情報」の導入が検討されているなど、ICT技術をもった人材が求められている時代。教室長の玉井孝典さん(36)は「日本のICT人材は諸外国に比べかなり不足しており、日本では相当な需要があります。プログラマーが子どもたちの将来の選択肢になれば」と話している。

 県内では専門のプログラミングスクールが和歌山市内にいくつかあるが、日高地方にはまだなく、プログラミングラボの教室開設は御坊教室が初めて。御坊教室は19日から毎週土曜、無料体験会を開催する。詳細は教室長の玉井さん℡080―6778―6098。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る