大学野球で地元選手活躍

 全国26連盟のリーグ戦を勝ち抜いた27の代表校が日本一を争う全日本大学野球選手権は10日、神宮球場で準々決勝4試合が行われ、井元勘太選手(4年)=湯川中―沖縄尚学=がキャプテンを務める福井工大(北陸大学)が名城大(愛知大学)に17―8で大勝。27年ぶりの4強進出を決めた。井元選手は2回に三塁打を放つなど4打数1安打2得点と活躍。準決勝は12日、神宮で福岡大(九州六大学)と対戦する。

 福井工大は今大会、1回戦で北海学園大(札幌学生)を11―3、2回戦で大阪商大(関西六大学)を4―1で下し、準々決勝へ進出。この日の名城大との試合は打線が爆発し、17得点は2018年の東海大(対明大戦)以来、4度目の大会タイ記録で、両チーム計25得点は新記録となった。

 井元選手は7番二塁で先発出場し、2回に先頭で右中間を破る三塁打を放ったほか、2四球、2得点と活躍。試合後のインタビューでは「(名城大は)オープン戦で負けていた相手だったので、試合前には全員で絶対に勝とうと気合を入れ、一人ひとりが一球に集中し、チャンスを多くつくってものにできた」と振り返り、次の福岡大戦に向けては「苦しい試合になると思うが、自分たちの強みであり、モットーでもある全員野球で戦いたい」と決意を示した。

 沖縄尚学時代は1年生のキャプテンに指名されたが、ひざのけがに苦しみ納得のいく3年間ではなかった。試合をスタンドから観戦した父晴彦さんは、「大学で大所帯(約180人)のチームのキャプテンとなり、仲間を引っ張っている姿に大きな成長を感じました。本人の体調はよさそうで、チームの雰囲気もすごくいいと聞いていますので、チームメートから〝仕事人〟と呼ばれている自分の役割をきっちりと果たし、日本一に向かって頑張ってほしい」と話している。

 福井工大には井元選手のほか、中野聖那外野手(4年)=名田中―紀央館=、井戸柊太投手(1年)=大成中―紀央館=が所属している。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る