モチーフはヤタガラス

 和歌山を本拠地とする社会人サッカークラブ、アルテリーヴォ和歌山が、チームのシンボルとなる旗を初めて制作。御坊市の「そめみち染物旗店」の染道祥博さん(42)が企画に参加し、チームのエンブレムに使われている八咫烏(ヤタガラス)をモチーフに家紋風のデザインに仕上げた。

 旗の素材は麻で、大きさは縦横1㍍。チームカラーのグリーンを基調に、戦国武士団の象徴である馬印をイメージしている。公式戦などで掲げられ、「紀州の誇り」を象徴する旗として使われる。支柱には創業100年以上の歴史がある日高町原谷の金崎竹材店が協力し、特産の黒竹を使用している。

 アルテリーヴォ和歌山は関西サッカーリーグ1部に所属し、Jリーグ加盟を目指す社会人チーム。クラブ名の「アルテリーヴォ」はイタリア語の「ARTE(芸術)」と「ARRIVO(到達)」を合わせた造語。

 今回の旗はクラブが進める地域産業との連携企画で制作。美浜町のチームスタッフ吉田郁生さん(30)と親交のある染道さんが制作に関わり、染色作業などを手がけた。

 北口雄一監督(33)は「古風でシンプルでスタイリッシュなデザイン。これを機にチームを盛り上げていきたい」、染道さんは「チームカラーのグリーンを旗にマッチさせるのに気を使った。チームのパワーアップにつながれば」と話している。20日に串本サンナンタンランドで行われる関大クラブ戦でお披露目される。

 クラブのグッズとして販売される小風呂敷とコースターの染色作業でも染道さんと連携し、チームの3選手がそめみち染色旗店の工房を訪れて実際に染色したほか、染道さんと北口監督との特別対談動画も動画投稿サイトユーチューブにアップされた。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る