スポーツの力で世を明るく

 高校総合体育大会県予選が、県内で行われている。昨年は新型コロナ禍で中止となったため、2年ぶりの開催。感染防止のため、多くの競技が無観客試合と保護者の皆さんは応援に行けないもどかしさがあるだろうが、選手たちは思い切りプレーができる場ができて喜んでいるのではないだろうか。県内の新規感染者は今、落ち着いてきている。高校生に限らず、感染防止を徹底しながら、できるだけ選手たちの活躍の場が設けられることを願ってやまない。

 筆者はバレーの取材にお邪魔した。地元勢の日高男子がベスト4入りし、準決勝後の第3・第4シード決定戦を観戦したが、選手全員が気迫のこもったプレーを見せ、試合も強豪の和歌山北と互角の内容、見ごたえたっぷりで、惜しくも敗れたものの観ているだけで心が晴れるような感覚だった。続いての女子決勝戦は地元校ではなかったが、両チームに日高地方出身選手がレギュラーとして出場。積極的なプレーや、得点が決まるたびにチームメイトとともに全身で喜びを分かち合う姿はまぶしく、感動させてもらった。スポーツはいいな、そんな思いをあらためて感じた時間だった。

 東京五輪開幕まであと40日余り。コロナ禍での開催に賛否あるのは当然だろう。個人的にはこのまま中止とならないで、選手たちが躍動する姿を見てみたい。前哨戦では陸上100㍍で日本新が出たり、ベテランの体操選手が代表内定をつかんだりと、早くも多くのドラマが生み出されている。疲弊する世の中、スポーツの力でぱっと明るい話題を提供してもらいたい。たとえ短い期間のその一瞬だけでも、テレビの前で選手と感動を共有したいと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る