アジサイの季節を楽しむ

 花を見るのが好きだ。自分で育てたり生けたりという技術はないが、花の色や形、風情に季節を感じるのはとても楽しい。今の時期ならなんといってもアジサイである◆子どもの頃よく見かけたのは本アジサイに額アジサイの2種類ぐらい。それが今は5月の母の日前から、実にさまざまな種類のアジサイが生花店等の店頭を華やかに飾る。6月になれば、毎年多くの花を咲かせてるお宅を訪ね、写真を撮らせていただく◆円錐形にこんもりと大きな白い花を咲かせる「柏葉アジサイ」。よく晴れた空のように鮮やかな青の「山アジサイ」。一枚一枚の花弁(ではなく本当は萼なのだが)がねじれたような「風車」。美しい紅色の「火の鳥」。かわいい名前の「てまりてまり」。大小の花が幾何学的に重なった「万華鏡」。天使を意味する「エンジェリカ」は細いピンクの縁取りがあるイエローがかった花で、時が経つに連れて純白になる。何百と言う種類があり、とても覚えきれない。◆知人にもらった小さな挿し木の枝から始まり、今では2㍍ほどの大きな株など85本もあるという人は「買ったものをそのまま植えるのではなく、育てていく楽しみを教えてもらった」という。200近い鉢を世話する人は「時間がかかるし、一つ一つが結構重いので移動も大変で腰が痛くなる。でもこの季節、きれいに咲いてくれると苦労が全部報われる」。大変な世話があって初めて、美しい花を眺めさせてもらうことができると知った◆今回、コロナ禍で「世話する時間がたっぷりとれたから、例年より手をかけることができた」という人も。我慢を強いられる日々の中にも、何かとじっくり向き合うことで喜びを見いだせる。アジサイの花言葉はいろいろあり、紫は「辛抱強い愛情」だという。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る