鳥インフルで卵が品薄

写真=鳥インフルで流通に影響が出ている卵(日高町のスーパー)

 昨年から今年にかけて発生した鳥インフルエンザなどの影響で、家庭の食卓に欠かせない卵が全国的に品薄となっており、日高地方でも販売数量を制限するスーパーが出ている。

 鳥インフルエンザは昨年11月ごろから今年3月までに全国18県で52事例が発生。ロシアの渡り鳥がウイルスを持ち込んだのが感染源とされ、過去最多となる約1000万羽のニワトリが殺処分された。この影響で卵を産むニワトリが減少し、卵の流通に影響が出ている。

 御坊市の日高卸売市場によると、今年の1月から卵の価格は右肩上がりで上昇し、仕入れの量も3、4割減少したという。スーパーなどの小売店からも「1パック(10個入り)当たりの仕入れ価格が30円程度上がった」という声が聞かれ、中には「店頭価格を上げにくいので、薄利で売っています」という対応も。卸売り関係者は「卵を産む親鳥だけでなく、ひなも殺処分されたため、元の状態に戻るには半年以上はかかるのでは」と話している。

 家庭の食卓にも少しずつ影響が出始めており、「夕方にスーパーに行くと、安い卵は売り切れで、高い卵しか残っていない」という声が聞かれ、印南町の40代の主婦は「弁当のおかずによく使うので、少しの値上げでも家計に響く」、御坊市の40代女性も「卵の安売り広告を見て買い物に行ったりしますが、今後は特売がなくなるのではと心配です」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る