紀南コースで「銀河」運行へ

写真=WEST EXPRESS 銀河(JR西日本提供)

 今年の7月から京都~新宮間(紀南コース)を運行するJR西日本の人気観光列車「WEST EXPRESS 銀河」について13日、JR西日本和歌山支社が運行計画を発表。停車駅は、太地や串本、紀伊勝浦など紀南エリアが中心で、観光産業活性化に期待が高まっている。

 「銀河」は、多様性やカジュアルとくつろぎの両立をキーワードに新たな長距離列車として昨年9月に運行を開始。これまで山陰、山陽方面で営業しており、運行開始当初は定員の約40倍の申し込みがあるなど高い人気となっている。紀南7市町村の首長らが運行を要望し、県内への乗り入れが実現した。

 紀南コースは、7月16日から12月22日の間、週2往復程度運行される。京都・新大阪から新宮方面行き(下り)は夜行で、串本駅では約2時間停車し、南紀熊野ジオパークガイドの案内で、早朝の橋杭岩の絶景などを楽しむ。新宮から京都・大阪方面行き(上り)は昼行で、幅4㌔に及ぶ王子ケ浜(新宮市)と並行して走る区間は徐行し、車窓からの壮大な眺望を鑑賞。夕食、昼食はいずれも、弁当で、すさみ町の「ホテルベルヴェデーレ」や新宮市の和食店「阿呍」など紀南エリアの名店の味が車内にデリバリーされる。

 JR西日本和歌山支社の冨本直樹支社長は会見で運行計画を発表し「当エリアは深い歴史文化、豊富な観光資源に恵まれた素晴らしいエリア。銀河運行を契機に、持続的な紀南への誘客に地元の皆さまと一丸となって取り組んでいきたい」と話していた。

 銀河受入協議会会長の田岡実千年新宮市長は「コロナで大きく落ち込む地元観光関連事業者はじめ地域全体に良い影響を与えるものだと大いに期待。何度も当地方へ足を運んでいただけるよう魅力を発信していきます」とコメントしている。

 客席は、新型コロナ対策で定員を4割減らした54人で宿泊とセットで販売。予約は14日午後4時から、日本旅行のホームページで受け付けが開始され、応募多数の場合は抽選となる。全席指定で、1人2万6800円から。上り列車運行日(日、水曜の特定日)は、御坊駅を午後6時40~50分ごろに通過する銀河が見られる。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る