県水産試験場 ヒジキの移植技術を開発

県水産試験場(串本町)は、ヒジキの人工種苗育成で磯場への移植を早めるため、毛糸を巻き付けたコンクリートレンガに種付けする方法を考案した。育苗開始から2~4週間で移植が可能となり、従来の8カ月と比べると10分の1程度に短縮。今年度からは串本町、みなべ町などでこの方法を活用した移植を開始、ヒジキの増産が期待されている。

国内で消費されるヒジキの9割は中国や韓国産。国産は近年人気が高まり、取引価格が上がっているが、収穫量は減少しているという。

ヒジキは干潮時に岩が現れるような磯場で育つ。従来は夏場の乾燥と高温を避けるため、5月に採取した種を生育して翌年1月に移植するという方法だったが、長期間にわたって世話をしなければいけないことが課題だった。

このため、水産試験場は「天然ヒジキの増産に向けた移植技術の開発」をテーマに、2018年から早期移植の技術開発に取り組んだ。コンクリートレンガに毛糸を巻く方法を考案し、巻き方による生育個体数の違いなども検証。効果的に夏場の乾燥などを防ぐ方法を開発した。

移植時の種苗の長さは0・2㌢程度(従来の方法は10㌢程度)と短いが、最長で43㌢まで育成させることにも成功した。コンクリートレンガを磯場に設置する時は水中ボンドで固定し、波で流れないようにする。

水産試験場は「移植後の2年目以降は周辺の磯場にも根を生やし、種でも増えると考えている。磯焼けなどでヒジキが減少しているなか、天然ヒジキの増産につながれば」と話している。

写真=4パターンの毛糸の巻き方で移植実験

写真=移植後に成長したヒジキ

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る