御坊の旭化成和歌山工場 来年10月で閉鎖へ

写真=閉鎖が決まった旭化成和歌山工場

 御坊市藤田町藤井に和歌山工場を置く大手総合化学メーカーの旭化成株式会社(東京都・小堀秀毅代表取締役社長)は12日、主に土木用塗料に使用される「アクリルラテックス」と、住宅外壁用の「光触媒塗料」の事業から撤退し、生産拠点の同工場を閉鎖すると発表した。閉鎖時期は来年10月末の見通し。同工場は1920年に南海紙業として設立され、100年以上にわたる歴史に幕を下ろす。

 発表によると、アクリルラテックス事業は1970年に和歌山工場で生産を開始し、これまで約51年にわたって国内外の顧客へ製品を販売。光触媒塗料事業は2009年に同工場で生産を開始し、約12年間にわたって製品を提供してきたが、主に国内市場の需要落ち込みで両事業とも販売量が減少し、近年は収益性の低下も課題になっていた。

 市場環境の厳しさがさらに増す中、事業継続に向けた努力を続けてきたが、将来的に拡大戦略を描くことが難しいと判断。事業撤退と和歌山工場の閉鎖を決定した。今後のスケジュールは22年4月末で生産終了、同10月末で販売終了の予定。販売終了をもって工場閉鎖の見込みで、工場従業員38人は配置転換で対応するという。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る