ツバメやスズメの環境悪化

 渡り鳥のツバメが子育てを行う時期となった。春になると、フィリピンやベトナム、マレーシアなどの東南アジアから飛来。夏の時期は日本で過ごし、秋の9~10月にかけて南方へと飛び立つ。日本では「玄鳥」とも呼ばれ、家の軒先などに巣を作り、古くから親しまれてきた。

 そのツバメが近年は減少している。理由は開発によってエサとなる昆虫が減ったことが大きいそうだ。都心部では巣材に必要な泥がなく、姿を消している地域もあるという。都会だけでなく、身近でもツバメは以前と比べて少なくなったような感覚を受ける。子どもの頃は倉庫や家の扉を開けっぱなしにすると、中にまで入ってくることがたびたびあったが、今はそういうことは少なくなった。減っているのはツバメだけでない。スズメも同じで、全国的にみれば、個体数が減少。要因はエサ場となる田畑が少なくなったことなどが挙げられるという。

 この2つの鳥は人間と共存しながら生きているという共通点がある。ほとんどの鳥は自然豊かな森林や草原を棲み家とするが、ツバメとスズメは人間が住む近くの人工物に巣をつくる。あえて人のいる場所を選ぶのはヘビなどの外敵が人間を恐れて近づいてこないことが理由として考えられるという。なかなかの知恵者だ。

 日高地方にはツバメとスズメに必要な田畑はまだまだ残っている。そういう意味では住みよい環境といえるだろう。しかし、もう一つ必要な条件、身近に人がいることについては、過疎化でその環境が崩れつつある。人間社会では大きな問題となっているが、ツバメやスズメも深刻に受け止めているのではないか。もしかしてですけど…。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る