ゲームでSDGs

 先日、日高高校附属中学校でSDGsをテーマにしたカードゲームが行われた。ゲームは「お金」「時間」「意思」の3つの資源があり、それぞれ決められた資源を一定数集めればクリア。プレーヤーごとに目的が異なるため、他プレーヤーと交換したり、またプロジェクトカードというものも配られ、資源を使ってプロジェクトをこなすことで、ほしい資源を獲得できる。

 プロジェクトはインフラ整備や貿易などがあり、プロジェクトを実行するたびにプレーヤー共通の「経済」「社会」「環境」の世界状況パラメーターが変動。プレーヤーが自身の目標のために行動していれば、世界状況に偏りができ、不平等な世界となる。プレーヤーたちは各目標値達成を目指しつつ、世界状況も意識しなければならない。

 附属中生たちのプレーを見ていて印象的だったのは、活発な交渉だ。スタートと同時に席を立ち、他プレーヤーの元へ行って交渉するなど、積極的な姿が見られた。最終的には世界状況もよくなり、プレーヤーも目標値を達成できていた。ゲームの進行役を務めた㈲メモリアルウエストの畑哲良さんも、大人のプレーヤーより交渉が活発だったと述べていた。

 大人ではさまざまな要因から他人との交渉をためらうことがあるが、子どもたちはストレートに意見をぶつけあい、交渉することにも戸惑いがないように思えた。結果として、ゲームの目的を達成できたのだろう。

 このゲームのプレーヤーは一国を意味している。世界状況を改善するためには各国の協力が不可欠で、そのためには積極的な話し合いが必要であること、またその要になるのは若者同士の国際交流であると、ゲームを楽しむ生徒たちの姿を見て感じた。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る