自転車の安全利用を

 この春、おいが中学校に入学した。筆者と同じ学校で、通学は自転車。20年以上前の当時、ヘルメットをかぶらない「ノーヘル」や並進が先生に見つかると、何日か徒歩で通学しなければならない決まりがあった。今はどうか分からないが、大人になって車に乗るようになり、そのノーヘル、並進はとても危険だと感じる。

 そんな母校にこのほど、町の青少年育成町民会議が、自転車事故を抑止しようと、御坊署とともに、チラシや反射ステッカーを届けた。地域交通安全活動推進協議会が物品を提供。チラシにはイラストとともに「車道の左側を通る」「車道が原則、歩道は例外」のルール、「歩行者の通行妨害」「二人乗り」「並走」「無灯火」「一時不停止」「ながら運転」「信号無視」の違反が記されていた。

 このほか、「ブレーキ」「タイヤ」「反射材」「ライト」「ベル」「ルールを守る」の頭文字をとった自転車安全点検「ブタはラベル」。それぞれ「ブレーキは前後ともきくか」「タイヤの空気は十分に入っているか、ゴムはすり減ってないか」「反射材をつけているか」「ライトは点灯するか」「ベルはちゃんと鳴るか」「ルールを守る」の点検項目になっている。

 取材時、校長は「通学路には大きなダンプも通って危ないところもあるので、生徒の安全安心を第一に、あらためて安全指導を徹底したい」。確かに車も多く、大型車も通行する道路の脇を、自転車の中学生が通っているのを見る。危険があるのはこの学校に限った話ではない。中学生になると、荷物も多くなると思うので、しっかり自転車の安全も点検し、ルールを守って事故に気をつけてもらいたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る