自分の人生を生きる

 2年前、中辺路町の高原という里山の景色に魅せられ、東京から移り住んだ西村さんという方と出会い、夫婦二人三脚のマイホームづくりを取材させてもらった。その家が完成したと聞き、昨日、再びお邪魔した。

 御坊から車で1時間半。ガードレールもない細く曲がりくねった山道を走り、標高340㍍の斜面にその家はある。いわゆる玄関という靴を脱ぎ履きする空間はなく、家族もお客さんもリビングの大きなガラス戸から出入りする。

 父親が転勤族で、大学を卒業して大手食品メーカーに就職し、家族とともに中国、カンボジア、インドなど外国で生活した。同僚らの反対を押し切って54歳で早期退職後、趣味で熊野古道を訪れた際、高原の絶景に出合った。

 会社を辞めて初めて、自分の家を持つことを考えた。土地の購入や地目の変更など工事が始まるまでも苦労の連続で、家が建つまでの空き家を借りるにも、地元の人に警戒されているのを感じたという。

 電気工事の資格を取り、住宅建築・設計の入門書や専門書を読みあさった。設計支援ソフトCADを使って図面を作り、みなべ町のあらき工務店の新城繁代表にアドバイスをもらいながら、昨年8月、約2年半がかりでついに完成した。

 古道を訪れた人が家を見に来ることも。妻と作業中のある日、ニュージーランド人のカップルに声をかけられ、仕事を早期退職し、東京から移住して手作りで家を建てていると説明すると、とびっきりの笑顔で祝福されたという。

 「海外赴任のころは外国のいろんなところを見てやろうと思っていましたが、いまは逆に海外の人に、日本のいいところを見てもらいたいですね」。人とつながりつつ、自らの人生を生きる姿がまぶしい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る