皆さまのお支えのおかげです

写真=九鬼宮司㊧から「奉納證」を受け取る小深田さん

 昨年7月、印南町を拠点に旗揚げしたさくらサーカスが14日、田辺市本宮町の熊野本宮大社で、これまで無事に公演を行ってきたことや支援者への感謝の気持ちを込めてパフォーマンスを奉納した。

 さくらサーカスはコロンビア出身のアラン・マルチネスさんと埼玉県出身の妻・小深田(こふかだ)尚恵さんが経営する大家族のサーカス団。8年前に高速道路ICが近く、環境のよい印南町津井が気に入って土地を購入、別のサーカス団に所属していたが、新たに自分たちのさくらサーカスを立ち上げた。印南での旗揚げ公演のあと、昨年11月7日から今年2月21日まで和歌山市内で公演。さらに3月13日から5月23日まで、田辺市上の山の田辺スポーツパークサブグラウンドで第3弾を開催している。

 熊野本宮大社では、かつて同大社があった大斎原にある2基の石祠を前に、世界中で最高金賞を受賞したマルチネスブラザーズの足技パフォーマンス「イカリオス」、身体の柔軟力の極限に挑戦する「コントーション」、バランス芸、ピエロのパフォーマンスを奉納。九鬼家隆宮司から小深田さんにサーカス演技奉納の証となる「奉納證」が授与された。

 小深田さんは「きょうまでけがや病気もなくみんなでここまでくることができたお礼と感謝を伝えに熊野本宮大社にお参りし、パフォーマンスを奉納させていただきました。印南や御坊で支援してくださっている方々にも本当に感謝しております。大変な時代ですが、私たちのサーカスを見て元気や笑顔になってくれることが一番うれしいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る