日高中津分校生 地域活性化へ製炭士湯上さんとスクラム

写真=研修所で湯上さんから紀州備長炭について話を聞く生徒

 日高高校中津分校の3年生が21日、総合学習の授業の一環として、日高川町高津尾の町製炭研修所を見学した。研修所の製炭職人で同校硬式野球部OBの湯上彰浩さん(33)=同町坂野川=から製炭技術や炭を使ったコーヒー焙煎について教わり、実際に薪を窯に入れたり、コーヒー豆の焙煎も体験。生徒たちは地元の特産を売り出し、地域活性化につなげようとの思いを強くした。

 生徒がビジネスの難しさや楽しさを考える機会として、湯上さんが紀州備長炭で焙煎、販売しているコーヒー豆を有効活用し、生徒たちと一緒に地域を盛り上げたいと、同校の網代涼佑教諭(37)が湯上さんに協力を依頼した。

 湯上さんは以前、看護師として働いていたが、元々、独立志向があり、訪問看護などの起業を考えていたとき、家業の製炭業を継ぐのも選択肢の一つと思い、製炭所を継いでいた弟とともに働こうと決意。コーヒー豆の焙煎については、2年前に岡山県で地元の大学生と炭焼き体験のバーベキューをした際、炭火でコーヒー豆を焙煎していたことがヒントとなり、初期投資があまりかからないことから始めたという。

 「紀州備長炭は、重くて硬くて品質が良く、世界一の備長炭」と言う湯上さん。備長炭でローストするコーヒー豆の商品名やパッケージは決まっていないが、口コミで注文を受けた客に100㌘800円で販売しており、大阪にあるミシュラン2つ星の人気焼き鳥店にも炭とコーヒー豆を納品しているという。

 今後、生徒たちはコーヒー豆の焙煎を手伝い、湯上さんと一緒に商品名やパッケージを考えて販売戦略を立てる。網代教諭は「既存の通販サイトを活用し、あくまで目標ですが、5月から6月ごろに販売できれば」とし、湯上さんの野球部の後輩に当たる小﨑純平君(17)は「地元の名産がもっと有名になってくれたらうれしい。僕も地域に貢献していきたいです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る