小さな家族の大きな愛

 名作ドラマ「北の国から」で、主人公の黒板五郎を演じた田中邦衛さんが亡くなった。88歳。表舞台からは10年以上遠ざかっていたが、長男の純を演じた吉岡秀隆さんと同じく、いつかこの日が来ることを心のどこかで覚悟していた。

 訃報が流れた翌日、追悼番組として「北の国から」の1987年のスペシャルが放送された。思春期を迎えた純の初恋、中学を出て東京に出ようとする純と五郎の確執。長距離トラックで旅立つ純と家族の別れが胸を搏つ。

 日ごろはちょっとだらしなく、シャイで物静かな男だが、敵から家族と仲間を守ろうとするときには牙をむく。幼い純と蛍の目を通して五郎の人に対するやさしさ、強さが描かれ、ファンの胸に刻まれた感動のシーンは枚挙にいとまがない。

 倉本聰さんは「こんな男がいてほしい」という思いを込めて本(シナリオ)を書き、富良野の厳しくも美しい自然の中で、不器用ながらもまっすぐに生きる五郎、力を合わせて生きる「小さな家族の、大きな愛の物語」をつむいだ。

 映画監督の山田洋次さんは、「善良が服を着て歩いているような人だった。あんな俳優が、あんな日本人がいたことを誇りに思う」とコメント。黒板五郎はまさにはまり役、俳優田中邦衛の人柄そのままのキャスティングだったことを裏づける。

 先の再放送ドラマで、五郎は東京へと旅立つ純に、「疲れたら、息が詰まったらいつでも帰ってこい。故郷へ帰るのは何も恥ずかしいことじゃない」とやさしく声をかける。五郎が大切にしたものは、常に家族の幸せだった。

 この春も、多くの若者が就職や進学で住み慣れた日高地方を離れた。その一人ひとりに、いつでも温かく帰りを待っている家族がいるのだろう。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る