印南町のナカヱ 物流センター増設へ

写真=新しいオフィス兼物流センターのイメージ画像

 清涼飲料水などのインターネット販売で業績を伸ばしている印南町印南、株式会社ナカヱ(中江稔浩代表取締役)が、宮ノ前にオフィス兼物流センターを増設することになり、県と町の3者で26日、立地協定を締結した。スマートフォンの普及やコロナ禍の中、ネット購入の需要はますます高まってくると見込まれており、新施設は来年1月の操業を目指す。

 ナカヱは1932年5月創業。資本金1000万円、売上高19億3300万円(2020年12月期)、従業員数28人。地元や県内の食品小売業者らに食品を販売してきたが、1999年から飲料水のネット販売を開始。お茶や野菜ジュースなど取扱商品も増やし、売上高は右肩上がり。昨年からはコロナの影響もあってさらに業績を伸ばしている。

 新たなオフィス兼物流センターは宮ノ前に建設。敷地面積9596・95平方㍍、延床面積1927平方㍍。地元雇用は3年間で10人を予定。施設建設などの投資額は3億円。商品を保管、発送する物流センターはこれまで御坊市内にあったが、新施設に移転される。

 立地協定の締結は書面で行っており、仁坂吉伸知事は「ネットを使ってどんどん業績を伸ばしている企業で、さらなる売上増加と雇用拡大が期待される」、日裏勝己町長は「地元で雇用していただけるとのことで大変ありがたい」。同社では「私たちの目指す『もっと自由にもっと楽しく おもしろ飲料カンパニー』にチャレンジすることで、社会に貢献していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る