印南町が子育て世代のPCR検査に助成金

 印南町は今年度の新規事業として、子育て世代や支援者を対象に新型コロナウイルスのPCR検査を、実質無料で受けられる助成金交付制度を導入した。検査費は病院によって違うが、2万円以上と高額な場合が多く、いざ心配になって検査を受けようと思っても二の足を踏むのが現状。安心して出産や子育てができる環境をつくっていく。

 PCR検査は感染者の濃厚接触者が受ける行政検査や高熱などの症状により医師が必要と判断した場合、初診料などを除く検査費用を国が全額負担するが、一般的に検査を希望する場合には全て自己負担となる。また、県では妊婦の出産前に限定して検査費を上限2万円で助成し、日高地方では日高川町が昨年12月から、妊婦の付き添いの人のみを対象に上限1万5000円で助成している。

 印南町は子育て世代の本人や、妊婦、出産、子どもの入院に付き添う人、祖父母ら子育て世代の支援者、障害者を養育する保護者ら年齢に関わらず幅広く対象として助成。上限額は2万2000円で、日高病院での検査費と同額に設定した。

 助成対象は検査を受ける時に町内に住所を有する人、または町内に住所を有する子育て世代の人の配偶者や親族。申請は1回につき2人まで。受診機関は自由に選べる。申請には検査費などが確認できる領収書や母子健康手帳の写しが必要。

 住民福祉課では「子育て世代の本人はもちろん、例えば大阪に住んでいる祖父母に子どもを預けたいが、その祖父母の検査をしたいといった場合でも適用できます」と話している。

 申請は今月1日から受け付けており、問い合わせは同課℡0738421738。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る