コンタクトレンズの可能性

 小学校の頃は視力が2・0あったが、徐々に落ちて高校生になると眼鏡が必要となり、コンタクトレンズをするようになって早30年余り。もはや筆者の生活の中でなくてはならいアイテム。そんなコンタクトレンズが単に視力矯正のためだけではなく、何かデジタル情報を表示させたり、カメラ機能が付いていたり、ゲームができたりする研究が進められている。

 現在、デジタル情報の表示やゲーム、立体映画などの機能を持ったスマートグラスやゴーグルといったものは開発されており、実際にⅤR(仮想現実)やAR(拡張現実)の世界が体験できる。2009年に公開されたアニメ映画監督・細田守氏の初の長編オリジナル「サマーウォーズ」では仮想世界でアバターを使ってショッピングやゲームだけでなく、納税などの行政手続きもできる設定で、その世界に入るには特殊なゴーグルを使っていた。そんな空想上の技術が、まさにリアルになりつつある。

 そして、さらに一歩進むのがコンタクトレンズでのデジタル情報表示やⅤR体験だそうで、海外で研究が進み、国内でも東京農工大学が先日、スマートコンタクトレンズとして開発、今後、実用化を目指す。仕組みはよく分からないが、レンズに内蔵したディスプレイでデジタル画像を表示し、視点が合うようにするらしい。コンタクトレンズだと、ゴーグルのような〝被り物〟が必要ないため、日常生活でも活用できる。これまでスマホをタップやスワイプして取得していた情報が、両手を使わず瞬時に目の前に表示することもできるようになるかもしれない。コンタクト愛用者としてこれからの開発が楽しみである。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る