みなべ町でワクチン接種スタート

 日高地方のトップを切って、みなべ町で29日から、65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナワクチン接種がスタートした。初日は午前中のみで、計130人に接種。1カ月前に実施した事前訓練を教訓にスタッフを1・5倍に増やしたことなどから、会場のふれ愛センターでは混乱なくスムーズに進行した。1回目の接種を終えた住民からは、感染拡大防止の切り札に安堵と期待の声が聞かれた。

 対象者4203人のうち接種を希望した3371人(4月24日現在)への接種を順次進めていく。
 「早く打ちたい」を希望した人の中から申し込み順などを考慮して順番を決めた。医師3人態勢で一日に180人に接種していくが、初日ということもあり、この日は125人で計画。前日に1人のキャンセルがあったことから、「キャンセル待ち」の人の中から6人に会場に来てもらうなど臨機応変に対応し、ワクチンを余らせることなく130人に接種した。

 午前8時半から30分おきに6回に分けて受付と接種を行った。事前訓練で人員が不足していると感じたため、看護師や誘導員らを増員。受付や予診票のチェックなどいずれもスムーズに流れていた。接種部屋に入ると、医師が「体調は悪くないですか」と問診し、聴診器で体調を最終チェックした上で肩付近に注射していった。接種後は経過観察も行われたが、この日は体調が悪くなる人はいなかった。

 一番に接種した芝の岩本將靖さん(80)は「一人暮らしで日ごろから体調管理やコロナの感染対策をしています。ワクチンは副反応に不安はなく、もし感染しても症状は軽く済むと聞いたので早く打とうと思いました。実際に打ってもらって一安心です」と安堵の表情。夫婦で接種を受けた東岩代の小倉久子さん(70)も「打った方が安心できます。注射は全く痛くありませんでした。早くコロナが収束してほしい」と期待を込めていた。初日は小谷芳正町長(71)も接種を受け、「安心して打ってもらえることのアピールになればと、早い接種を希望しました。自分のためにも、そして家族や他人にうつさないためにも、一日も早く町民の皆さんに接種を受けてもらいたい」とPRしていた。

 担当の健康長寿課では「訓練のかいもあって初日としては予定通りにできたが、思っていた以上に大変で、接種後に少し混雑する場面もあった。必要なところは修正しながら、今後もスムーズに接種できるようにしていきたい」と話した。

写真=第1号で接種を受ける岩本さん

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る