LPの復活はあるのか

 1980年代、たとえば友達が兄の部屋からこっそり持ち出してきたヴァン・ヘイレンのLPを、いかに素早く指紋を残さず録音して返却するか。間抜けな空き巣以上に神経を使ったが、当時の中学生にはこのスキルが重要だった。

 音楽はアプリでダウンロード、超高音質のハイレゾ音源を瞬時に、スマホに何千曲も入れて持ち歩けるいま。昭和のカセットテープ世代のおっさんには理解しがたいニュースを目にした。

 高校時代、渡辺美里の「Lovin you」を最後に絶滅したと思われたアナログ盤が、ここにきてブームになっているという。音が柔らかく、ジャケットがインテリアになるというのが理由で、雑音もむしろ心地よいのだとか。

 歌も世相も時代とともに変わるとはいえ、まさかあのウイルスのように目に見えぬ人類の敵だったはずのノイズが、逆に好感を持って受け入れられる時代になろうとは。隔世の感を禁じ得ない。

 32㌢四方のLP盤ジャケットがおしゃれなインテリアとなるという感覚は分かる。いまでは死語の「新譜」を手に入れ、レコードに針を落とし、日本語訳と音楽ライターの小難しいライナーノーツを読むときの妙な高揚も懐かしい。

 坂本龍一氏は、違法コピー対策が当たり前の配信時代にあえて、自身の楽曲はフルに無料で公開するという。人には本当に聴きたい音楽を可触のモノで所有したいという欲望があり、いい音楽はCDやLPでも売れると、10年以上前から主張していた。

 定額で好きな音楽を好きなだけ手に入れられるサブスク時代に、LPが再び天下をとることはないだろうが、米国では坂本氏の言葉を裏付けるように、旧譜を中心とするアナログ盤の年間売上がCDを抜いたという。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る