県が飲食・宿泊・旅行業者のコロナ対策給付金受付中

 県は23日、新型コロナウイルス対策として、「飲食・宿泊・旅行業給付金」と「地域交通運行継続給付金」の申請受付を開始した。

 国の第3次補正予算を活用した県独自の施策。飲食・宿泊・旅行業給付金は県内で営業に必要な許可を受けた中小企業者を対象に、今年1月または2月の売上高合計が前年同月比50%以上減少、かつ昨年1月及び2月の売上高合計が15万円以上。給付額は従業員数0~5人が15万円、6~20人が30万円、21~50人が45万円、51人以上が60万円。申請期間は5月31日。申請書などは最寄りの市町村役場、商工会、商工会議所、振興局などで配布。県ホームページからもダウンロードできる。

 地域交通運行継続給付金は県内の全ての交通事業者が対象。バス事業者に対しては100万円を給付し、さらにバス車両1台当たり10万円加算。タクシー事業者は法人が100万円、個人が20万円で、タクシー車両1台あたり5万円の加算。地域鉄道事業者となる和歌山電鐵と紀州鉄道、フェリー事業者の南海フェリーにはそれぞれ300万円給付する。

 仁坂吉伸知事は23日の定例会見で「給付金の予算は2月議会の20年度補正で可決されたばかりだが、すぐに申請を受け付ける。出してくれれば、どんどん認定して給付したい」と述べた。

 首都圏でのコロナ緊急事態宣言が22日から解除されたことに関しては、県民へのお願いとして今後も埼玉、千葉、東京、神奈川の4都県への不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。京都、大阪、兵庫の3府県への不要不急の外出自粛は22日から解除した。

 県内で11件のコロナ変異株が確認されたことについては「感染しやすいと感じており、そうなるとすぐクラスターにつながるので、注意していただきたい」とした。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る