日高町商工会が新事業「うぶひだか」を企画

写真=「なみうちマルシェ」のイメージ

 日高町の産湯海岸で32年間にわたって開催されてきたイベント「クエフェア」が2019年で終了したことを受け、町商工会(山田理司会長)は代わりとなる新事業を企画した。事業名は「うぶひだか」とし、内容は地元の食材を生かした「なみうちマルシェ」、マリンレジャーを取り入れた「シーサイドアクティビティ」、景観や自然を活用した「Feelうぶひだか」の3本柱で構成している。

 国や県の補助金を活用して1年がかりで企画。調査や視察などを行い、日高町地域活性化事業「うぶひだか」事業計画書・企画書として冊子にまとめた。

 「うぶひだか」は産湯海岸と日高町を融合させてネーミング。事業のターゲットは自然や食と遊びに興味を持つ若者層で、インバウンド事業で取り組んできたベトナム人観光客を誘致する狙いもある。コンセプトは「ゆったりしたいあなたに、『自然の音』と『のどかな空気』の中で、楽しむ時間を提供します」で、キャッチコピーは「やっぱりここがいいな。うぶひだか。」。クエフェアは一日限りのイベントだったが、「うぶひだか」は年間を通して定期的に開催することを視野に入れている。

 計画では、なみうちマルシェはクエやさばコロッケなど地元の食材を活用。産湯海岸の駐車場を会場とし、質の高い縁日のようなマルシェとして定期的に開催する。周辺地域から集客を図り、地域の活性化につなげる。

 シーサイドアクティビティはシーカヤック、ビーチヨガなどが楽しめるベースステーションを設置し、通年対応を目指したイベント開催やワークショップなどを実施する。

 Feelうぶひだかは町内の田畑や里山、日本一の生産量の黒竹、熊野古道などを活用し、景観や自然を感じることができる観光事業を行う。「日高町ベース(仮称)」を設置し、観光拠点として運営する。

 山田会長をはじめ副会長らが3日、役場を訪れ、松本秀司町長に計画書・企画書を手渡した。松本町長は「計画を基に検討し、地域おこしにつなげていきたい」と前向きで、商工会の山田理司会長は「計画をたたき台としてイベントを展開し、町の活性化につながれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る