日高医師会に救急医療功労大臣表彰

 地域の救急医療、産科医療の確保、推進に貢献した個人、団体の功績をたたえる2020年度救急医療・産科医療功労者厚生労働大臣表彰の受賞者が決まり、救急医療功労者で一般社団法人日高医師会(中島彰一会長)が選ばれた。地域における救急医療の確保、救急医療体制の整備推進に貢献。表彰式は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から開催されない。

 救急医療功労者は長年にわたり地域の救急医療の確保、救急医療対策の推進に貢献した功績、産科医療功労者は長年にわたり地域のお産を支え、産科医療の推進に貢献した功績をたたえ、それぞれ厚生労働大臣が表彰。今年度は全国で救急医療功労者が個人23人と15団体、産科医療功労者は個人38人と4団体が選ばれ、県内からは救急医療功労者で日高医師会、産科医療功労者で医療法人アイ・ウィルこうざき産婦人科理事長の神前禎宏氏(59)=和歌山市=が表彰される。

 1948年3月9日設立、日高地方の医師が入会している日高医師会は1994年6月から御坊広域休日急患診療所で休日の救急医療に従事し、初期救急医療の確保に尽力。その後、地域住民のニーズに基づき地域の中核自治体病院で、2008年2月から小児科医による病診連携急患診療室を土曜の時間外に開設した。09年4月には小児科医以外も加わり、病院連携休日急患診療室を新設。病診連携による土日を含めた休日の初期救急から入院まで切れ目ない救急医療体制整備に取り組んできたほか、救急医療週間における積極的な啓発活動や「子どもの救急ガイドブック」の編集に携わっている。

 中島会長は「日高医師会として地域の救急医療に尽くすことは当然でありますのに、このような名誉ある表彰をいただき誠に光栄です。これまで救急医療にご尽力された諸先輩すべての先生方や関係機関のご協力のおかげだと心より感謝します。今後とも地域の救急医療に全力で取り組んでいきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る