日本陸上室内 瀧本君60メートルで優勝

写真=小学男子60㍍決勝(瀧本君は右から4人目)

 日本陸上競技連盟主催の第104回日本陸上競技選手権大会・室内競技、2021日本室内陸上競技大阪大会が17、18日の両日、大阪市の大阪城ホールで開催された。オープン競技で実施された小学生の部男子60㍍に山一クラブの瀧本瑛太君(松原小6年)が出場。近畿から集まった強豪選手を抑え、見事第1位に輝いた。

 同大会は、中学生から一般まで各種目でエントリー資格記録を突破した選手が全国から集まる大会で、今年はシニアの部にはリオ五輪男子4×100㍍R銀メダリストの桐生祥秀(日本生命所属)や2019年世界選手権男子4×100㍍R銅メダリストの多田修平(住友電工所属)らが出場した。

 小学生の部はオープン競技で、5、6年生を対象に男女別60㍍の一種目のみが実施され、標準記録(100㍍で男子13秒40、女子14秒00)を突破している近畿の選手がエントリー。男子は18人が出場。瀧本君は予選1組で登場し、1着でゴール。7秒79をマークし、上位8位が進める決勝に2位で駒をすすめた。決勝は、好スタートを切ってトップに立ち、中盤は体一つ分抜け出した。ゴール間際に2位の選手の追い上げもあったが、逃げ切り、予選を0・03秒上回る7秒76で優勝を果たした。

 レースを終え「予選の後、コーチの父に『いい動きだったからその調子で行けばいい』とアドバイスがあり、自信を持って走りました。1位になれるとは思っていなかったのでとてもうれしい」と喜んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る