新報杯少年サッカー Bクラスもブレイズ湯浅V

写真=優勝のブレイズ湯浅のメンバー

 日高サッカー協会主催、本紙協賛の第24回日高新報杯少年サッカー大会Bクラス(U―11)の部が14日、御坊総合運動公園多目的グラウンドで開催され、日高・有田地方の8チームが熱い戦いを繰り広げた。決勝はブレイズ湯浅とダンシーマでAクラス(7日)と同じカード。湯浅が2―0で勝利し、チャンピオンに輝いた。3位には由良が入賞した。

 トーナメントで争った。湯浅は1回戦で藤並を7―1、準決勝は由良を4―0で下した。優勝をかけた一戦は決勝にふさわしい一進一退の攻防となり、前半は0―0で折り返し。後半4分、湯浅が先制すると、11分にはゴール前で獲得したPKを落ち着いて決め、試合を決めた。湯浅の小住研司監督は「メンバー15人全員が試合に出て、みんなでつかんだ優勝。ハイプレスの守備、速いパス回しからの得点と湯浅らしい試合ができた。自分たちで考えるサッカーが結果に表れた」と選手をたたえた。ダンシーマは1回戦でアミザーG、準決勝でサザンクロスをともに5―0で下し、決勝もゴール前まで攻め込んだが、硬い守りに阻まれた。田口誠監督は「1回戦から集中しきれず、徐々に調子を上げてきたが、力を出し切れなかった。しっかり改善していきたい」と話していた。3位は由良が決定戦でサザンクロスを3―1で破って入賞した。上位入賞チームのメンバーは次の通り。

 ブレイズ湯浅=小住研司(監督)、石川大雅、佐藤帆恭、東優真、尾藤凌夢、古田箔、川﨑大莉、竹森煌人、石家絃至、佐藤浬、安山旺汰、前川一翔、馬谷碧吏、金丸和真、青木泰志、坂口瑞季、龍鉄仁▽ダンシーマ=田口誠(監督)、松下世優久、東村瑛汰、北野叶翔、川崎来人、寒川晃丞、鴨川亮甫、玉置奈央、橋本樹輝、田上勇斗、京保颯真、山崎玲凛、湯川夏旺、橋本颯介、白井奏甫、中西菜々斗、立花寛斗▽由良=神田歳治(監督)、川口颯斗、池田羽琥、後藤祥太、里村尚哉、上崎亮征、中尾瀬奈、計隼瑠、原爽介、川村真夢、池田純怜、池田舞羽、川端玲央

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る