新型コロナで健康生活⁉

 新型コロナが世界的に蔓延し、日本でも約44万8000人の感染者が発生。御坊保健所管内も例外でなく、14日現在で47人が確認されている。テレビや新聞などでは連日、コロナ関係のニュースが報じられ、ウイルスに対する脅威を伝えている。無症状の患者もいるが、高齢者を中心に重症化する場合もあるほか、味覚障害、脱毛などの後遺障害が残るケースもあるという。最悪の場合は死につながる。

 新型コロナの感染拡大を考えると、日本人の健康に大きな悪影響を与えたと思ってしまうが、2020年の国内の全死亡者数は前年より約9000人が減少したという。呼吸器系疾患で約1万6000人が減ったことが大きく、内訳は肺炎(新型コロナ除く)が約1万2000人、インフルエンザが約2000人の減少となった。新型コロナの感染対策としてマスク着用や手洗い、手指消毒が広がり、他の細菌やウイルスが流行しなかったとみられている。

 県内のインフルエンザの発生状況を昨年12月から今年2月末までの県の定点調査結果でみると、感染者がゼロ。例年、インフルエンザはこの時期に流行するが、今シーズンは学級閉鎖もなく、住民からは「インフルエンザにかからないだけでなく、今年の冬は風邪をひいたという人も少なかった」という声も聞かれた。生活面では外出の自粛などが強いられた期間もあったが、全体的に健康で過ごせたということになるのではないだろうか。

 新型コロナのマイナス面だけに目を向けると、暗い気持ちから抜け出すことができない。しかし、メリットもあったことを考えれば、暗くなりがちな気持ちが、少しは晴れるのではないだろうか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る