印南の国道425号川又工区 開通祝いバルーンリリース

写真=川又第二トンネルをバックにバルーンリリース

 印南町の国道425号川又工区が7日から供用開始となり、町関係者や地元区民ら約200人が開通を祝った。

 日裏勝己町長は「いままでの思いがかなってきょうを迎えることができた。これも二階幹事長はじめ、仁坂知事や多くの先人の皆さまのおかげで、感謝申し上げたい。この道路を大切に、きれいに使っていきたい。今後、田辺市龍神村側の国道425号の早期改良に期待したい」とあいさつした。

 完成したばかりの川又第二トンネルをバックに、来場者がバルーンリリースやクラッカーを鳴らして祝福。国道425号改良促進協議会の前田憲男会長は「川又地区の皆さまには大変不便な思いをさせたが、ようやく開通することができた。気持ちよく車を走らせることができるが、交通事故のないよう気を付けてほしい」と述べた。

 川又工区両端から同時に供用開始したあと、それぞれ通行第1号の車両に町のマスコットキャラクター「カッくん」「エルちゃん」のぬいぐるみがプレゼントされた。日高川町和佐、森口利次さん(73)は「龍神からの帰り道に通って、偶然一番乗りすることができました。学校教諭として昔、旧真妻中に赴任した頃と比べると格段に道がよくなって、大変走りやすくなりました」と喜んでいた。

 14日午後3時からは県と町が主催の供用を祝う会が開かれ、あらためてテープカットやくす玉開披、祝賀パレードなどが行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る