利点が多い防災さんぽ

 先日、美浜町浜ノ瀬で区民を対象に、地域の避難場所をウオーキングで巡る「防災さんぽ」が行われ、取材した。

 区長さんは「一番の目的は、新型コロナの影響で外出を控え、低下してしまった体力を改善するため、少しでも運動する機会をつくること」と話しており、地区内の2つの避難タワーと松原地区高台、田井畑地区に昨年秋に完成した避難タワーを、津波時以外は避難所となる住民会館をスタート、ゴールにして約3㌔歩いた。避難階まで上るので、運動量はしっかりあり、十分「一番の目的」を果たしていた。

 参加者に話を聞いてみると、同じ地区に住んでいても、高台が最寄りの避難場所になるので、タワーは初めて上ったという人もおり、普段は出入り口が施錠されているタワーに上るいい機会になっていた。浜ノ瀬は細い路地も多く、大地震が発生した場合どういう状況になるのか想像力を働かせ、倒れそうなブロック塀など危険な場所はないか、避難路として問題はないかと確認しながら歩いたと言う人もいた。サイレンを鳴らし、避難場所まで何分で行けるかが把握できる訓練とは異なり、気をつけて歩いてみなければわからないことも多く、こういう訓練もあるのだと納得。そして、ほかの地域の避難場所を確認できるという利点も大きい。災害はどこにいるときに起こるか分からない。よく通る、よく行く場所があれば、最寄りの避難場所がどこにあるのか知っておくことは大切で、行かない場所でも知っておいて損はない。

 防災さんぽはいろいろな利点があり、よくできていると改めて実感し、全国で実施されているのも納得。美浜町には上田井地区に新たな避難施設も建設されるので、またいい散歩コースができそうだ。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る