伝統行事を知り行う

 桃の節句の3日、人形供養で知られる和歌山市の淡嶋神社で、女の子の健やかな成長を願って、ひな人形を乗せた舟を海へ流す伝統行事「ひな流し」が行われ、新聞に掲載されていた。それらによると、同神社の祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)と、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は、「おびな」「めびな」の始まりとされ、1年間で全国各地から同神社に納められた人形は約5万体。その中から300体が、白木の小舟2隻に乗せられ、沖へ送り出された。

 人形の奉納は江戸時代中期に始まったとされる。紀州徳川家では姫が生まれると、一対のひな人形を同神社に奉納。この故事にちなんで神社には全国から古くなった人形が寄せられるようになったという。歴史や寺社仏閣は好きだが、男兄弟で育ち、おいしかいないためか、桃の節句については無知。昨年、娘が生まれ、初節句に実家からひな人形をもらうなかで、このニュースを含めて関心を持った。

 ネットで調べてみると、節句は1年間に5日。季節の節日に邪気を払うものとして中国から伝わり、1月7日の「人日」、3月3日の「上巳」、5月5日の「端午」、7月7日の「七夕」、9月9日の「重陽」を五節句といい、桃の節句の上巳は人の身代わりとして紙の人形に災いを移して川に流す風習と、女の子が人形のお姫(ひい)さまで遊ぶ習慣が結びつき、「お姫さまの人形を飾って女の子の健やかな成長を祈る日」になったそうだ。

 そんな今年の3月3日、コロナ禍でさまざまな制約があるなかだが、家族と両親らで娘の初節句を祝った。季節の節目に無病息災を祈願。伝統行事に興味を持つのも大切だ。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る