まるまつ農園の超熟しらぬい プレミア和歌山奨励賞

写真=超熟しらぬいを収穫する松井代表

 県が優れた県産品をブランド認定して推奨する「プレミア和歌山」の第13回推奨品に84品目(65事業者)が決まり、奨励賞に日高地方から日高川町松瀬、まるまつ農園(松井利郎代表)の「超熟しらぬい」が選ばれた。

 奨励賞(4点)は84品目から選ばれ、特別賞(1点)に次ぐ賞。特別賞は紀州和華牛協議会の精肉「紀州和華牛」だった。認定商品はトータルで677品目(374業者)。

 「超熟しらぬい」は、ミカン農家の同農園が最高においしい柑橘果物「しらぬい」を作りたいと、試行錯誤を重ねて生み出された商品。通常の露地栽培では1~2月に収穫されるが、ハウス内で3月中旬から4月下旬まで樹上で完熟させることに成功。収穫後、2、3日で出荷される。鮮度抜群で皮をむいた瞬間に甘酸っぱい香りが広がり、内皮は薄く、果汁はジューシーで濃厚。ほどよい酸味が甘さを引き立て、あとを引くおいしさを味わうことができる。

 同農園は昨年度に「木成り完熟みかん」、今年度に「超熟しらぬい」と「完熟純しぼり」の2品目が認定されたが、賞を受けるのは初めて。

 松井代表(44)は受賞に対し、「まさか賞をいただけるとは思っていなかったので、びっくりです。今後も生産する自分たちや消費者の皆さんがわくわくするような商品作りに挑戦していきたい」と話していた。

 推奨品発表会が19日、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれ、仁坂吉伸知事は「認定されている商品は和歌山らしさがあり、かつ品質や安全性が確かなものばかり。広くPRしていきたい」とあいさつ。審査委員長を務めた残間里江子さんは「厳正なる審査で選ばせていただいた。本年もバラエティに富んだいい商品ばかりだった」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る