流域治水プロジェクト策定へWEB会議

写真=御坊市内での取り組みを説明する三浦市長

 河川流域の自治体や関係機関が連携し、流域全体で水災害を軽減させる治水対策「流域治水」を推進する第6回の日高地域等における大規模氾濫減災協議会が17日、WEB開催され、日高川流域治水プロジェクトの中間報告が行われた。日高地方各市町の首長らが取り組みを説明。このほか、切目川と南部川の各流域治水プロジェクトの素案が示され、いずれも2021年度中のプロジェクト策定に向けて話し合った。

 流域治水は集水域と河川区域だけでなく氾濫域も含めて一つの流域として捉え、地域の特性に応じて①氾濫をできるだけ防ぐ、減らす対策②被害対象を減少させるための対策③被害の軽減、早期復旧・復興のための対策――をハード・ソフト一体で多層的に進める対策。流域全体で緊急的に実施すべき流域治水対策の全体像を「流域治水プロジェクト」として策定、公表し、流域治水を計画的に推進する。

 日高地方では昨年10月、日高川流域治水プロジェクトの素案を公表し、12月から今年1月にかけて流域市町でヒアリング(課題抽出・対策の検討)を実施。この日の会議には構成員やオブザーバーで日高地方7市町、田辺市、近畿中国森林管理局和歌山森林管理署、森林整備センター和歌山水源林整備事務所、和歌山地方気象台、県の総務、農林水産、県土整備各部、日高、西牟婁各振興局、近畿地方整備局河川部、関西電力㈱水力事業本部田辺水力センターが参加した。

 日高川流域治水プロジェクトの中間報告では、日高川町がため池管理者への点検や事前放流・低水位管理の依頼、田辺市が民間事業者による土砂堆積箇所の砂利採取、美浜町が支川の水位を低下させるため大規模出水前に農業用樋門操作、御坊市が可搬式ポンプの配備といった取り組みを紹介。さらなる対策が必要として、田んぼ・ため池の治水利用や氾濫域での被害想定に対する土地利用規制の追加対策案が示された。

 今後、日高川については21年出水期までに流域治水プロジェクトを策定。切目川、南部川は印南町、みなべ町でそれぞれヒアリングを実施し、22年3月までにプロジェクトを策定する。

関連記事

フォトニュース

  1. お空に飛んでいけ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る