未来の技術者に期待

 パナソニックが太陽電池の生産から撤退することを決めた。旧三洋電機時代の2000年代には世界で上位シェアにあった事業だが、中国メーカーとの価格競争で採算が悪化していたという。ものづくりを通じて技術大国としての地位を確立してきた日本だが、さまざまな分野でシェアを海外勢に奪われるのは悲しいことだ。

 ただ、最近の中国の製品は目を見張るものがある。もちろん日本製の品質の高さや信頼性は健在だが、中国製は安価ながら十分な性能を持ち、コストパフォーマンスに優れている。スマートフォンやタブレットなども高性能な商品が増えており、家電などは国産や他の国のメーカーより低価格ながら、十分に活躍する商品が出ている。消費者として選択が増えるのはいいが、やはり日本には技術大国として世界をリードしてほしい。

 そんな中、和歌山高専では未来の科学技術ドクターを養成するジュニアドクター育成塾事業を始めた。小学5年生から中学3年生を対象に、さまざまなテーマで講義を積んでいくもので、昨年11月に開講。生物学を中心にすでに多くの講義が行われてきているが、一般向けの体験講座と異なり、レベルの高い内容となっている。また講座は2段階あり、定員40人の1段階の成績優秀者10人のみが第2段階へ進むことができ、2段階では自身の興味のある内容をより深く学ぶことができる。

 育成塾事業は県内では和高専が初めてだが、全国ではすでに実施されてきており、ネットで調べると多くの子どもたちが自身の取り組みを発表している。和高専で始まった育成塾でも、それぞれの興味や得意分野を伸ばし、いつか日本を代表する技術者や科学者として活躍する人材に成長することを願いたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る