思いやりの意思表示

 電車やバスで妊婦に席を譲る意思を示そうと、東京の男性が作った小さなタグが全国に広がっており、テレビで紹介されていた。それによると、発売から1年。すでに約1万5000個の注文があって、普及に協力する店舗や学校も出てきたという。

 札にはマタニティーマークと「席ゆずります 声かけてください」の文字。カバンにぶら下げられている。作ったのは都内のIT企業に勤める31歳の男性。2019年12月に長男が生まれ、1年間の育休中に作った。きっかけは、妊娠中の妻と電車に乗ったときの経験。妻と優先席の前に立ったとき、若い人も座っていたが、譲ってくれたのは高齢女性だった。違和感はあったが気づかない人も、自ら声をかけられない人も。「譲って」とお願いするのは勇気がいるし、譲る側も「どうぞ」と言うタイミングを逃していないだろうかと感じ、譲る側もあればいいと思ったとそうだ。 

 デザインはウェブデザイナーの妻。知人に配るとツイッターで話題になり、「つわりに苦しみながら通勤する妻を見て」「妊娠中に席を譲ってもらったので今度は私が」という購入理由のほか、「声をかけてもらえた」だけでなく、札を持つことで「席を必要としている人を探すようになった」との声もあったという。

 男性はインタビューに対して「優しさが連鎖してタグが広がっている。妊婦が安心できる空間が増えていくといい。将来的には高齢者ら席を必要とする人が、周囲の配慮を得られるようなマークに発展させたい」。「どうぞ」のひと言で片付く話かもしれないが、なかなかできない人もいるだろう。優先席を必要とする人の気持ちを理解し、マークなしでも譲り合える、支え合える社会になれば。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. わざわざありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る