御坊市新年度一般会計当初予算 1.7%増の128億円

 御坊市は26日、2021年度の一般会計当初予算案を発表した。三浦源吾市長就任後初めての新年度予算は、新庁舎建設や新型コロナ感染症対策の施策に重点を置いた編成となり、歳入歳出128億1500万円で、前年度比2億1900万円(1・7%)増。3月5日開会の議会定例会に提案する。

 今回はバランスのとれた予算編成に取り組むとともに、全ての事務事業について、時代に即した真に必要なものを選定。安全な暮らしの確保に向けた施策の充実を図り、子育て支援や教育環境の改善に努めるとともに、都市基盤の整備、にぎわいと豊かさを創り出すまちづくりのための施策を充実させる。

 主な歳出では新庁舎建設事業に3億7600万円。新たに工事監理業務委託、建設工事の費用を盛り込んでおり、今年12月着工の計画で進めていく。その後は23年9月完成、12月供用開始。現庁舎解体、外構工事を行い、いまのところ24年12月に事業完了の予定となっている。

 新型コロナウイルス感染症対策ワクチン接種事業には65歳未満の分で1億500万円。主な新規事業では総合運動公園遊具整備(820万円)として、ZOZO創業者の前澤友作氏からのふるさと納税500万円を活用し、老朽化した木製複合遊具を更新するほか、感震ブレーカー設置助成40万円、80歳以上で世帯非課税の高齢者や重度障害児者への外出支援券747万円を計上している。

 主な歳入では、新型コロナの影響で市税が減少した一方、最終処分場埋立物環境保全負担金による分担金及び負担金、ふるさと納税による寄付金が増加。9年ぶりに財政調整基金の繰り入れはない。

 定例会には一般会計予算を含む27議案を提出。この日、三浦源吾市長が会見で提案理由を説明し、厳しい財政状況のなかでの予算編成について「バランスを重視した堅実型。1年目であれもこれもやりたいが、そうもいかない。前市長の施策を堅実に、着実に引き継ぎ、総合計画に掲げる将来像の実現へ、職員とともに、知恵を出して頑張りたい」と述べた。

 定例会の会期は19日までの15日間。本会議は初日の提案理由説明以降、8日に採決、10・11日に一般質問、12日に総括質疑、19日に採決が行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る