山も車両も気をつけましょう

写真=ポスターを掲示して啓発(御坊市消防)

 3月1日から春の火災予防運動が始まる。7日まで。

 今年度の全国統一標語は「その火事を 防ぐあなたに 金メダル」で、御坊市と日高広域の両消防本部は①住宅防火対策の推進②乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進③放火火災防止対策の推進④特定防火対象物等における防火安全対策の徹底⑤多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底⑥林野火災予防対策の推進――を重点目標・推進項目に広報活動を展開。火災予防に努め、火の取り扱いに注意するよう意識の高揚を図る。

 住宅火災から命を守るポイントとして寝たばこは絶対しない、ストーブは燃えやすい物から離して使う、ガスコンロのそばを離れるときは必ず火を消すよう啓発。逃げ遅れを防ぐために住宅用火災警報器を設置、寝具・衣類・カーテンを防火品にし、消火器の設置や隣近所との協力体制をつくるよう呼びかけている。

 春の火災予防運動に合わせ、山火事と車両火災の両予防運動も行われる。林野庁と消防庁主唱の山火事予防運動は「あなたです 森を火事から 守るのは」が統一標語。入山者や森林所有者らに火の取り扱いに注意するよう啓発する。国土交通省と消防庁主唱の車両火災予防運動は、車を使って旅客を運送する車両を対象に危険物の持ち込み禁止、たばこの投げ捨て防止、防火安全対策の徹底が重点。いずれも1日から7日までで、御坊市と日高広域の両消防も広報活動を行う。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る