宮井紀行がアルバムと短編小説発表へ

写真=コロナ禍も走り続ける宮井紀行(昨年の鹿児島アリーナ)

 美浜町出身で鹿児島を拠点に活動しているシンガーソングライター宮井紀行が、アルバム制作と同時に初の短編小説の執筆にチャレンジしている。どちらも「一番星」というタイトルで、いまだ終息しないコロナ禍にもがき苦しむ自身の思いと、自分と同じ道を選んで上京した後輩の姿を重ね、「夢をあきらめず、一緒に頑張っていこう」というメッセージ。アルバム制作やライブ活動等の支援として、クラウドファンディングで資金協力を呼びかけている。

 宮井紀行は1998年、鹿児島の大学の友人とフォークユニット「なまず」を結成。01年にメジャーデビューを果たしたが、05年に解散。その後、鹿児島に戻ってソロ歌手として活動を始め、これまでアルバム6枚を発表している。デビュー20周年の昨年1月、インディーズとしては異例の単独アリーナライブに挑戦し、鹿児島アリーナ(現西原商会アリーナ)に3000人以上を動員した。

 しかしその後は国内外のコロナ拡大に伴いライブ等が制限され、春以降の全国ツアーは断念。ライブは配信が中心となるなか、「いまの自分にできること」を模索しながら、精力的に楽曲の制作・提供を続けている。

 7枚目のアルバム「一番星」は、自分と同じ歌うたいの道を歩む後輩へのエールを込めて作ったタイトルナンバーのほか、コロナ禍が続くなかで生まれた曲、配信リリースした曲、ふるさと和歌山のローカル鉄道(紀州鉄道)をうたった「日本一短い紀州トレイン」など9曲を収録。5月の発売に向けて現在、レコーディングを進めており、さらに新たな挑戦として短編小説「一番星」も執筆している。小説はたまたま集められた20代から60代の世代の違う男たちがバンドを組み、音楽を通じて絆を深めながらコンテストに挑むストーリーになるという。

 クラウドファンディングのプロジェクト名は「音楽の力で日本中に元気を!!  シンガーソングライター宮井紀行の一番星プロジェクト」。支援の種類は一口1000円のAコースから50万円のJコースまで10コースあり、B(2000円)は短編小説と直筆礼状、C(3000円)はアルバムと直筆礼状、G(5万円)は年末のワンマンライブ当日リハ見学、プレミアム指定席、打ち上げ招待となっている。

 宮井紀行はファンに向け、「コロナでミュージシャンや音楽関係者も大変な局面を迎えるなか、いまの自分にできることを考えながら、2つの『一番星』の制作を続けてきました。コロナ終息の向こうに大きな一番星を輝かせ、全力のパフォーマンスを生で皆さんに見ていただきたい。そういう思いでこのプロジェクトに挑戦しました。」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る