印南でとくし丸出発式

 JA紀州(芝光洋組合長)が事業展開している移動スーパー「とくし丸」の8号車が25日、Aコープいなみ店で出発式を行い、印南町南西部を中心とする販売エリアで開業した。  

 Aコープいなみ店を拠点に町内を走るとくし丸は7号車に次いで2台目。8号車は印南町の南西部とみなべ町岩代、御坊市名田町楠井の一部を担当する。出発式は、新型コロナ感染防止のため少人数で開催。JA役員や日裏勝己印南町長らが出席した。芝組合長はあいさつで、「おかげ様で『うちにも来て』と多くのご要望を頂き8号車の開業に至りました。今後もご要望があれば、販売エリアを拡大し応えていきたいと思います」と述べた。

 日裏町長は「8号車の開業は関係者の皆さんのご努力のおかげ。昨年6月に町内初のとくし丸が販売を開始し、新鮮で安心安全な食材を届けてもらえると喜んでいます。町内2台目にも大いに期待しています」と感謝を述べた。

 芝組合長、日裏町長がテープカットを行ったあと、販売を担当する大土洋子さん(49)=印南町南谷=に、芝組合長から8号車のキーが手渡された。大土さんは、出席者に見送られ、担当エリアに出発した。

 とくし丸は、高齢者ら日常の買い物に困っている人の自宅前に、Aコープの商品を積んだ専用の軽トラックで行き販売するJAの地域貢献事業。1000点以上の野菜、果物、魚、肉、牛乳、アイスクリームなどをそろえ、週に2度の訪問は地域の「見守り隊」の役目も果たしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る