人との比較が不幸の始まり

 先日、NHKで、長期ひきこもり状態から抜け出し、仕事を得て社会復帰を目指す和歌山県内の若者や中高年が、コロナ禍の厳しい雇用環境の中でもがいている実態が紹介された。NPO法人ヴィダ・リブレの活動が中心だった。

 日経平均株価が30年半ぶりに3万円の大台を回復したが、実際は景気の上昇を実感できない人が多い。外国人が日本の治安のよさや国民性、食文化、環境衛生などを称賛しても、当の日本人はそれに気づいていないという話にも通じる。

 外国人がうらやむそんなすばらしいニッポンに、なぜ若者のひきこもりが多いのか。精神科医でもあるヴィダ・リブレの宮西照夫理事長は、その要因として過度の競争社会、日本の文化が持つひきこもりに対する許容性の高さを指摘する。

 「学歴が社会的成功と幸福をもたらす」という価値観の中で育った若者がつまずき、不登校となったとき、日本人はその状態を「もの思いに耽る」「大人しい」などとある種の美徳として、異常とはみなさない傾向があるという。

 また、いくつになってもわが子を保護する母親の過剰な愛情、ひきこもる子どもを「恥」ととらえる家族、「怠け者」とみなす周囲、間接的に人とつながるSNS等のコミュニケーションツールがひきこもりを長期化させる。

 世界3位の経済大国であり、海外の人から大好きといわれる日本は、はたして本当に住みよい社会なのか。ひきこもりだけでなく、いじめやSNSのバッシング、コロナ差別をみても、日本が抱える社会問題は少なくない。

 勝ち負けが劣等感を生み、周りと違うことが異常と感じる世の中。大切なのは人に勝つことではなく、自分を高めるために努力することであるはずだが…。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る