人との比較が不幸の始まり

 先日、NHKで、長期ひきこもり状態から抜け出し、仕事を得て社会復帰を目指す和歌山県内の若者や中高年が、コロナ禍の厳しい雇用環境の中でもがいている実態が紹介された。NPO法人ヴィダ・リブレの活動が中心だった。

 日経平均株価が30年半ぶりに3万円の大台を回復したが、実際は景気の上昇を実感できない人が多い。外国人が日本の治安のよさや国民性、食文化、環境衛生などを称賛しても、当の日本人はそれに気づいていないという話にも通じる。

 外国人がうらやむそんなすばらしいニッポンに、なぜ若者のひきこもりが多いのか。精神科医でもあるヴィダ・リブレの宮西照夫理事長は、その要因として過度の競争社会、日本の文化が持つひきこもりに対する許容性の高さを指摘する。

 「学歴が社会的成功と幸福をもたらす」という価値観の中で育った若者がつまずき、不登校となったとき、日本人はその状態を「もの思いに耽る」「大人しい」などとある種の美徳として、異常とはみなさない傾向があるという。

 また、いくつになってもわが子を保護する母親の過剰な愛情、ひきこもる子どもを「恥」ととらえる家族、「怠け者」とみなす周囲、間接的に人とつながるSNS等のコミュニケーションツールがひきこもりを長期化させる。

 世界3位の経済大国であり、海外の人から大好きといわれる日本は、はたして本当に住みよい社会なのか。ひきこもりだけでなく、いじめやSNSのバッシング、コロナ差別をみても、日本が抱える社会問題は少なくない。

 勝ち負けが劣等感を生み、周りと違うことが異常と感じる世の中。大切なのは人に勝つことではなく、自分を高めるために努力することであるはずだが…。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. こらめちゃくちゃうまいで!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る