コロナ禍の花粉症

 今年も花粉シーズンが始まった。飛散量は例年より少ないらしいが、昨年の春よりは多くなるとのこと。例年、比較的軽い症状の筆者だが、今年は目のかゆみと鼻水が例年以上にひどく感じ、何か対策をしなければと思っている。

 特にコロナ禍のいま、くしゃみ一つも周りは敏感だ。時期が時期だけに花粉症と察する人もいるだろうが、不特定多数の人が集まる中で、くしゃみが響くと、やはり気になるだろう。接客業などをしている人は特に気を遣う部分だ。最近では「花粉症バッジ」というものも出ており、自身が花粉症であることを周りに知らせることで、トラブルを避けることができるという。

 また花粉症になれば目をかいたり、鼻をかむなどの動作が増えるため、手などに付着したウイルスを侵入させてしまう可能性があり、シーズン中のコロナ患者の増加を心配する声もある。

 反対に、くしゃみが出るので花粉症になったかと思えば、実はコロナにかかっていたとういこともあるかもしれない。ネットニュースなどに掲載されている医師へのインタビューによると、鼻水・鼻づまり、頭痛、喉の痛み、だるさなどは、コロナでも花粉症でも現れる症状なので、判断は難しいとのこと。発熱や悪寒、筋肉痛があればコロナの可能性が高いという。

 コロナ禍の室内では換気が必要とされるので、室内に花粉が入ってくることもあり、何かと苦労しそうだ。一般的に花粉症に良いとされる十分な睡眠や規則正しい生活、バランスのいい食生活をいつも以上に心掛けるとともに、早めに薬を処方してもらい、少しでも症状を抑えることが大事だ。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る