オンツツジの郷に期待

 民間団体が行政の補助金を受けながらさまざまなイベントをしたり、新しい産品を開発したり、はたまた情報発信拠点を整備したり。これはこれで地域活性化に向けた効果はあるが、最初から補助金をもらって何かしている団体は、長続きしないことが多い。対してお金はないが地道にコツコツ、知恵を絞って汗をかいている団体は息の長い取り組みを続けていけると思う。

 印南町印南原では12年ほど前、地元有志が里山の中に段々花畑園を整備し、それがやがて稲原さんぽ道の会という団体に発展してみんなで盛り上げていくことに。いまではアジサイ50本はじめ、サツキ、ショウブ、サクラ、キンポウジュなどが植栽され、6月にはあじさい祭りも行っている。PR用ポスターや看板なども手作りで、まさに行政の補助金などに頼らない手弁当の取り組みを続けてきた。そんなさんぽ道の会が先日、仁坂吉伸知事肝いりの新政策「未来を彩る花の郷づくり事業」の補助を受けてオンツツジ150本を植樹した。

 長年の活動に、ようやく県が光を当てた形だが、行政の補助の出されるタイミングはこうあるべきなのかもしれない。この団体は補助を受けたからそれで活動が終わるのではなく、もともと足腰の強い取り組みをしているのだから、一層の発展が期待できる。

 仁坂知事から聞いたが、オンツツジは「雄躑躅」の漢字を使うそうだ。ネットで調べると「雌躑躅(メンツツジ)」もあるそうで、雄は雌に比べて大きな花を咲かせる。印南町の花のスポットとしては川又観音のシャクナゲが有名だが、将来的に印南原は大輪の花を咲かせる「オンツツジの郷」と呼ばれるよう期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る