みなべ町 飲食店支援のクーポン配布へ

 みなべ町は、新型コロナの影響をもろに受け、苦境に立たされている町内の飲食業を支援するため、全世帯へのクーポン券配布の準備を進めている。今月5日、県飲食業組合みなべ支部の加盟業者らが小谷芳正町長を訪ね、窮状を訴えて支援を要望していたことへの対応。具体的な内容は商工会と詰めることにしているが、今月末配布の広報3月号に折り込めるようスピード感を持って進める考えだ。

 同組合みなべ支部加盟の飲食業やマリンレジャー業、遊漁船業を営む5人が小谷町長に「忘年会や新年会など稼ぎ時の年末年始の会食がゼロ」「予約帳は真っ白で昨年春の緊急事態宣言の時よりも厳しい」「梅林やスポーツ大会、イベントがすべて中止になったので弁当等もほとんどキャンセルになった」などと苦しい現状を説明。飲食業に関係する事業者の支援策を要望していた。

 町では早速、できることから対応していこうと、クーポン券の配布を進めていくことにした。印南町が昨年発行したテイクアウトクーポンをベースに、利用できる町内の店舗情報と切り取り式のクーポン券を掲載したチラシを配布する方向で検討する。印南町のクーポン券は500円券が2枚付いており、1000円以上でクーポン1枚、3000円以上で2枚利用できる仕組みだった。みなべ版はいくらにするのか、テイクアウトのみにするのかなど内容については商工会と一緒に効果的な方法を煮詰めていくことにしている。

 小谷町長は「どんな形がいいのか、商工会と連携して取り組んでいきたい。できることから準備を進め、とにかくできるだけ早く皆さんに届けられるようにしたい。予算も必要なので議会と相談して確保していきたい」とスピード感を持って取り組んでいくとした。

 同組合みなべ支部の井上武志組合長は「早急に対応してくれるということで、本当にありがたい。飲食業が少しでも活気づくことで、酒や魚、野菜など食材関係を中心に、まち全体の活性化につながっていくことを願っています」と感謝と期待を込めて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る