ちょっとした不注意に注意

 先日、コンビニでたばこを10箱入りのパッケージのまま「カートン買い」したとき、「ライター、お付けしましょうか」と尋ねられた。「加熱式たばこなんだけど…」と思いながら、紙巻きも加熱式も知らないのだろうと勝手に納得。家族に話すと、昔はカラオケ店にライターやマッチがサービスで置かれていたそう。あまり見かけなくなったライターやマッチ。つけ方が分からないという若者もおり、「マッチ1本 火事のもと」も、ピンとこない時代が来るかもしれない。

 栃木県足利市ので21日午後に発生した山火事は、数日たっても延焼が続き、いまだに鎮圧の見通しが立っていない。この火災について同市は会見で「ハイカー(ハイキングをする人たち)の休憩所が火元と推測される」と発表。住民への避難勧告も出されており、一刻も早い鎮火を願いたい。また、23日に東京都青梅市で住宅や山林を焼く火災、25日には群馬県桐生市でも山火事が発生。青梅市の火災はたき火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみられている。

 林野庁のホームページをみると、山火事は2015年から5年間の平均で、1年間に約1200件発生。焼損面積は約700㌶、損害額は約3億6000万円に上る。1月から5月にかけて集中しており、原因はたき火が最多。自然現象によるものはまれで、人のちょっとした火の取り扱いの不注意で起きているという。3月1日から7日までは春の火災予防運動。山火事予防運動も展開される。19年から20年にかけてのオーストラリアの大規模山林火災も記憶に新しい。マッチ1本にも注意して、ちょっとした不注意に気をつけよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る